忍者ブログ
猫らとの思い出やら、日常のしょーもない事を語ったり、漫画に描いたり
[260]  [259]  [258]  [257]  [256]  [255]  [254]  [253]  [252]  [251]  [250
前回よりだいぶ間が開いてしまいました…。

24b90098.png

ee803342.png

af60be35.png

a2dedf4d.png

7b11a1c5.png

発見してから一週間程時間が経っているのは、
捕獲出来ない所に逃げられるってのもありましたが、
やっぱり保護するべきか、見て見ぬフリをするべきか悩んでいたからですねー。
「命を預かる」という事に対してかなり悩みました。
実際ひめことリコをカゴに入れる時、覚悟みたいなのもしました。

保護の時はだいぶ荒っぽくなってしまってました。
捨て猫が多いって事は心無い人も多い訳で、
保護なんてしてるところを見られでもしたら
「あなたの家にはお金があるんでしょ、だったらあれもこれも持っていって!」
って言う人もいなくもないので。
動物に募金するっていうのだけでも嫌な顔する人もいるし。
命を助けてる行動なのに、人に見付からないようにだなんて、
なんだか悪い事をしてるような感じですよね…。

こんな荒々しくやっちゃったから、捕獲に失敗したら二度と懐いてくれなかっただろうなぁ…。

それにしても車描くの下手だなー(^_^;
資料見ないで描いたのですが、見ても見なくても難しいですね。

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは
命を預かる・・・そうですね。
笙野頼子さんの本(S倉迷妄通信、愛別外猫雑記)や、大島弓子さんの漫画(グーグーだって猫である)を見ると、猫を拾う(保護する)人もいろいろな事情があるもんだ、と思います。

それにしても・・・
直人さんたちにとっ捕まったときの猫たちは、ホントにこんな気持ちだったんでしょうね。
朽葉館住猫 URL 2010/07/13(Tue)20:03:49 編集
朽葉館住猫さん
これから20年近く生きていく猫らを本当に養っていけるのかって思ってしまうと、悩むところは多かったですね。
当時まだ犬もいたんで…。
そして猫の世話をするのはひめことリコが初!
もうわからないことはネットで調べまくりました。
ネットで調べるって本当便利な世の中ですよね。
本に書いてない事、テレビで扱わない事も調べれば出てくるし。

猫らはこの日、とても怖い思いしたと思います(^_^;
【2010/07/14 10:56】
拉致ったwww
二匹の慌てようがすごく出てる^^
私も黒猫ちゃんの時はこんな感じでした。
油断したとこを抱き上げて、マンションの部屋までダッシュw
当時は動物不可のマンションだったんでほんとダッシュで拉致でした^^;
黒猫は唖然としてましたがすぐ慣れましたねぇ。
もしかして計算だったんでしょうかwww
ユヤ 2010/07/13(Tue)21:58:21 編集
ユヤさん
見た目は拉致ですよね(^_^;
やっぱりカゴに入れられて慌ててましたよ。
蓋に向かって飛び掛ってなんとか逃げようとしてたし。
怖かっただろうなぁ…。
信頼して近づいた人間がいきなり自分達を摘み上げてカゴに放り込んだんだし…。
ユヤさんのとこの黒猫ちゃんもそうだったんですね~w
うちも家に連れてきたら、すぐ慣れてくれました。
あの怖い思いして暴れたのは一体なんだったんだろうとw
【2010/07/14 10:59】
お!
待ってました。猫らのあしあと続編!!

命を助けようとしていることなのに
後ろめたさを感じてしまうような気持ち
わかります。色んなこという人います
からねー。
でも偉いの証明のためにやってるような
人たちもいるし、最終的には天が判断
してくださるであろうなんて思ってます。
(^^)

うちの猫たちのときは家の敷地内で
家族ごと拉致したので比較的楽でした
けど、お外の子を保護するのは大変で
したね。
でもそのまま外にいたら一時間も後に
は消えて、今、直人さんの心の中には
生きていなかったかもしれない命ですも
んね。
尊いことをされたんだなぁとおもいます。
おに6 URL 2010/07/14(Wed)00:36:08 編集
おに6さん
続きは描かねばとずっと思ってましたが、
他にやる事があったり、どう描くか悩んだりしてました(^_^;

捨て猫に関しては、いろんな人がいますからね~。
うちのバーさんみたいに「人間様だけが幸せならいい」みたいな人もいますし、こういうのってたしかに天しか見てないですよね。
判断はもう天に任せるしかないのかな(^_^;

たしかにここで保護してなかったら一週間後には
この世からいなくなっていたと思います。
この漫画の2週間後、ひめことそっくりな茶トラの子猫が2匹公園で死んでたんで…。
【2010/07/14 11:07】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< ピンクの肉球 HOME 落書き >>
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[08/17 萩万年青]
[08/16 萩万年青]
[08/14 スズにゃん]
[08/14 ユヤ]
[08/10 スズにゃん]
ブログランキング
里親募集


プロフィール
HN:
A・直人
自己紹介:
猫大好きまっしぐら。
絵描きしたり、漫画読んだり、ゲームしたりするのも大好き。
2009年6月16日に愛猫ひめこを亡くし、ペットロス症候群に。
そこから立ち直れるかどうかわからないけど、生き残っているクロを可愛がりつつ、愛猫や今までうちに来た子の絵や漫画を描きつづっていこうと思います。

ケータイ猫パンチTVにて『猫又と少年』連載してました。今は終了してます。
管理人に用がある方はこちらから↓
Powered by NINJA TOOLS
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]