忍者ブログ
猫らとの思い出やら、日常のしょーもない事を語ったり、漫画に描いたり
[182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172
少し前になってしまいましが、ブクマしてる猫ブログさんからここのサイトさんを見つけまして。

bokugasobani2A.gif
ボクが傍にいるから…

歌聴いては泣き、ムービーに描かれている猫が茶虎なのでそこがまた泣けてしまったり。
自分としては記事書かずにはいられないと思ってはいたのですが、曲聴くだけでしばらく泣いてしまうので、連休にでもならないと無理だわーと思っていたのでした(^_^;

やっぱり「ありがとう」っていう言葉は嬉しいよね。
自分も絵描きたくなったので、曲聴きながら描いてたらやっぱり涙が止まらなかったです。

0f1e8d73.png

出会えて良かった。
生まれてきてくれてありがとう。


クリックお願いします(´▽`)
人気ブログランキングへ にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんにちは
昔読んだ群ようこさんの小説で、“母親が死んだときには泣かなかったけど、飼ってる猫が死んだときは号泣した”というくだりがあって、猫を飼ってるわけじゃなかったし親もまだ生きてるんだけど、その感覚、すごくよくわかったよ。
内田百けんの「クルやおまえか」のクルツが死ぬところを読んでも涙出てくるし。
私も福太郎が死んだら号泣するかなぁ・・・
でもけっこう冷静かもしれない・・・
でも、別れのときは「ありがとう」
この一言かもね。
今でも福太郎に「ありがとう」と言ってますよ。
イラスト、直人さんがどれだけひめこさんを愛していたか、伝わってきますよ。
朽葉館住猫 URL 2010/04/18(Sun)17:33:53 編集
朽葉館住猫さん
自分も母親が死んでも泣かなさそうですが、猫らがいなくなったら辛いですね。
身内が死んでもあまり変わらないかもです。
経済的な心配はするかもですが…。
仲の良い友人や知人だったらまた別ですね。

自分も猫らが自分が事故死や病死でもしない限り先に死ぬのはわかっていたので大丈夫と思っていましたが、急にいなくなった寂しさの方が勝ってしまってダメでしたね…。

自分もひめこが生きているうちに何度も「ありがとう」言ってました(^^)
【2010/04/19 02:08】
こんばんは(*´▽`)
曲って歌詞が自分の経験に当てはまるとどうしても
気になったり好きになったりいろいろあるよね。
涙が出てしまうのもそうだね。
曲で元気になったり勇気もらったりってあるし。
これからも大切にしてね(*´▽`)
私も聴いてみたけど素敵な曲だね♪

ひめこチャン、笑顔で天使になってるね。
いつまでも笑顔でA・直人さんの事を見守ってるから
泣かないで元気出してね!
可愛い絵だよ、凄く(*´▽`)
お互いに出会えてよかったね!
ひろっぺ URL 2010/04/18(Sun)23:30:52 編集
ひろっぺさん
いい曲なんですが、泣いてしまうので何度も聴けないんですよね(^_^;
あまり音楽とか聴かないんで、自分に合った曲に会う事ってなかなかないんで珍しいんですよ。
音楽って「これいいよ~」って知人に進められても自分に合わなかったりなんてのもあったりしますね。
たまーにヒットした曲に会うと何度もリピートします。

この曲にあるみたいに、ひめこが傍にいてくれたら嬉しいですね(^^)
自分もいい絵を描いていきたいです。
【2010/04/19 02:17】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[06/05 スズにゃん]
[06/03 dd]
[06/03 ユヤ]
[05/30 ユヤ]
[05/30 なるる]
ブログランキング
里親募集


プロフィール
HN:
A・直人
自己紹介:
猫大好きまっしぐら。
絵描きしたり、漫画読んだり、ゲームしたりするのも大好き。
2009年6月16日に愛猫ひめこを亡くし、ペットロス症候群に。
そこから立ち直れるかどうかわからないけど、生き残っているクロを可愛がりつつ、愛猫や今までうちに来た子の絵や漫画を描きつづっていこうと思います。

ケータイ猫パンチTVにて『猫又と少年』連載してました。今は終了してます。
管理人に用がある方はこちらから↓
Powered by NINJA TOOLS
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]