忍者ブログ
猫らとの思い出やら、日常のしょーもない事を語ったり、漫画に描いたり
[551]  [550]  [549]  [548]  [547]  [546]  [545]  [544]  [543]  [542]  [541
猫らのあしあとなんとか続き描けました。

f21cb056.jpeg

ab5f27c4.jpeg

3359432c.jpeg

43602bb6.jpeg

e17f5814.jpeg

cce39aab.jpeg

9b58c850.jpeg

cfe24067.jpeg

食いしばっていた歯はとても強くて、本当に痴呆になった老犬なのかと思うくらいでした。
流動食を流してまでもチェリーを生かして、それでチェリーが喜ぶのか…。
早く楽にしてあげた方がチェリーにとっても良い事なのだろうか…。
自分が「犬がほしい」と言ってしまったことでチェリーは辛い目にあったんじゃないか、とか…。
悩む日は続きました。


昨日は久し振りの仕事でやっぱり疲れてました(^_^;
なんだか前の写真屋より仕事内容がめんどくさいかもしれん(-_-;
正直「こんなことまでするのかめんどくせぇ…」って思った。
早く独り立ちしたいなぁ~もー。
店が儲からないのを従業員が反省するべきみたいな考えは違うと思うんだよな~。
今回のところも愛社精神なんて沸かないと思う。
と、いうか…低賃金でやりたくもない仕事でこき使われている
非正規雇用者に愛社精神を求める方が間違ってると思うヽ(#`д´)ノ

明日は仕事終わったら前に一緒に働いていた派遣仲間の皆と夜ご飯食べてきます。

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは☆
チェリーちゃん、何を思ってたんだろう。
こんな姿って辛すぎだよ。。。
以前も言ったけど食べることを諦めてしまったら
生きる気力を失うんだよね。
人間も動物も毎日食べるの当たり前だもんね。
それに食べる事が楽しみな事ってあるよね。
美味しいものを食べた時、幸せな気持ちになったりね。
ひなちゃんなんてご飯の時間を楽しみにしてるよ。
自分のお皿見た時、目をキラキラさせて
鳴いて訴えるもの。
チェリーちゃんもこうなる前はそうだったでしょう?

先の事はわからないからいろんな事を後悔するよね。
私も後悔してる事あるよ。
でもそうならないとわからないし自分を責めるのはよくない事だよ。
いろいろ思うことは私もあるけど家族になる運命だったんだもん。
それによその子になってても何もないって事ないよ。
自分に対する慰めかもしれないけど。。。
動物は話せないから気持ちを知る事出来ないから
よけいに変な方に考えてしまうのよね。。。

飼い主が思ってる事って自然と伝わるみたいよ。
生かしておく、安楽死
チェリーちゃんに伝わってたかも。。。

チェリーちゃん、ご飯結局食べなかったの?

お仕事お疲れ様。
同じ写真屋でもやる事違うんだね。
慣れるまでしんどいね。
頑張ってね☆
明日はいっぱい話してストレス発散しておいで~♪
あまり飲み過ぎないようにw
ひろっぺ URL 2012/03/15(Thu)23:36:37 編集
ひろっぺさん
チェリーが何を思っていたかっていうのは自分も
一番気になっていたことでした。
実際チェリーはこんな事考えてもいなかったかもしれないし。
痴呆になる前はチェリーも表情豊かでご飯や
散歩の時は大喜びしてました。
それがこんな風になってしまって辛かったです。

当時、犬は外飼いや味噌汁かけたご飯が当たり前だったんですよね。
今考えると相当に悪いことなんだろうけれど、それでも
チェリーは丈夫に育ってくれました。
でも、最後はなんだかとても悲惨になってしまって
考えも悪い方に悪い方にいってしまうんですよね…。

自分が考えてた事もそうだけれど、家族が考えてた事も
伝わっているのなら、それも辛かったんじゃないかな…。
この後何度か生ハムを口に入れてあげたりしましたが
食べませんでした。

今の仕事も慣れればフリーなので、暇な時にネーム描きでもしてたいんですよね~。
早く独り立ちしたいです。
今日はいっぱい愚痴ってストレス発散してきました(ノ∀`)
【2012/03/16 22:48】
無題
ある日突然急に居なくなられるのもツライけど、
こんな風に徐々にわるくなっていくのを
見続けないといけないというのもツライですね。
私はやっぱりもうちょっと看病させて欲しかったけど、
こんな悲しいことでもあるんだなって思った。
切ない。悲しい。
でも小学2年坊の直人さんが欲しがって
やってきたチェリーは、たくさんの楽しいことも
かわいがってもらったことも、きっと
思い出してるよ。
一緒に居られたことを嬉しく思ってるって
私は思います。
でも、この時期はツライよね。
よく頑張ってるって、ギュってしたいよ。
チェリーも。直人さんも。

今日は昔の仲間と楽しんできてね^^
愛社精神なんてw
その前に社員やバイトを愛してよって思いますw
yuya 2012/03/16(Fri)10:29:59 編集
yuyaさん
ひめこやリコのような最後も辛かったけれど、
チェリーの最後も辛かったです。
自分、実はチェリーが痴呆になる前に
「チェリーも歳だから今のうちにどこかに一緒に旅行にいって
おいしいものでも食べさせてあげようかな」って思ってた矢先でした。
チェリーも可愛いかったし、なかなか面白い思いでを
残していってくれたんですよね。
それもこの後描いていきますね~。

今日は遅くまで楽しんできました(^_^)
労働者を労わらない企業になんて愛はありませんよね(ノ∀`)
【2012/03/16 22:52】
無題
子供のときは「可愛い」だけで飼いたいと思うのは仕方ないです。
私もそうでした。
でも最後まで看取ってあげることで命が大切に思える...
大人になって思いました。

そう思ってウサギを飼ったけど、やっぱり泣きましたね...

でも。
最近は「犬が歳をとったから」「もう可愛くないから」と動物愛護センターに連れて行く飼い主が多いんですよね。
テレビで見て衝撃でした。
「愛」のかけらも無いの?!
って元飼い主に腹が立ったし。

チェリーちゃんは何も分からなくなったけど直人さんから「愛」を貰って、とっても幸せだったと思います。


店が儲からないのは経営者の責任ですよ!
儲かるためにどうすればいいか考えずに、責任逃れしてる!!
やっぱりお仕事大変ですね;´д`)
スズにゃん 2012/03/16(Fri)12:38:02 編集
スズにゃんさん
こういう経験をしていれば親戚の子供や
「うちの子が犬ほしいっていってるけどどうしていいやら」って話をされた時に、自分はこういう事がありましたっていう話ができるんですよね。
飼うなら本当に責任をもって最後まで見るつもりで。
出来ないと思うのなら諦めてください、と。

自分は前にYouTubeで「海に行くから猫をセンターにつれてきた」っていう家族を見ました。
日本人ってどこまでモラルが低下してるんでしょう…。
普通、親戚に頼むとかあるだろうに。

自分はチェリーが痴呆になったから動物愛護センターに連れて行くなんていう考えはありませんでした。
あそこは安楽死じゃないって知ってるし。
最期を看取るのも飼い主の責任ですよね…。

この不況時で生きるのにギリギリの生活なのに
誰が財布の紐を緩めるのかと…(ノд`)
それならもっと給料くれよって思っちゃいますよ。
【2012/03/16 22:58】
こんにちは
新聞の書籍広告でを見てなるほど、と思ったのですが、自然に寿命を終えようとしている老人が食べ物を受け付けなくなることは当然のことなんだそうです。
自然に老衰で死ぬということは、体の機能が少しづつ衰えてだんだん命の炎が弱くなっていくのでしょうね。
チェリーもそうだったんじゃないかな。
直人さんはひょっとして、当時ご自身が何か悩みを抱えていて、チェリーに投影していたのかな、と思った。
チェリーは生きていたくない、なんてきっと思ってなかったと思うし、直人さんも精一杯のことをやったし、自分を責めることはなかったと思うよ。

お仕事お疲れ様です。
うーん、写真屋さんでも店が違うとやはり勝手が違うんじゃないかね。
慣れてきたら考えも変るかもよ。
萩 万年青 2012/03/16(Fri)15:46:06 編集
萩 万年青さん
それならチェリーもそうだったんでしょうか…。
苦しいとか辛いとかいう思いだけで逝ったのではないなら
自分も少し救われます…。
でも投影していたっていうのはあると思います。
自分はいつも母親から「いらない出て行け」言われてきたし、子供の頃から不安だらけで「死にたい」とか「生きていたくない」って思う時も多かったです。

仕事慣れてきたら!
仕事するフリして上手くサボります(ノ∀`)
【2012/03/16 23:02】
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
7 9 10 11 12
14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
[08/17 萩万年青]
[08/16 萩万年青]
[08/14 スズにゃん]
[08/14 ユヤ]
[08/10 スズにゃん]
ブログランキング
里親募集


プロフィール
HN:
A・直人
自己紹介:
猫大好きまっしぐら。
絵描きしたり、漫画読んだり、ゲームしたりするのも大好き。
2009年6月16日に愛猫ひめこを亡くし、ペットロス症候群に。
そこから立ち直れるかどうかわからないけど、生き残っているクロを可愛がりつつ、愛猫や今までうちに来た子の絵や漫画を描きつづっていこうと思います。

ケータイ猫パンチTVにて『猫又と少年』連載してました。今は終了してます。
管理人に用がある方はこちらから↓
Powered by NINJA TOOLS
フリーエリア
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]